薬剤管理自動化マガジン

2017年11月号 vol.7

フォーミュラリーによる薬剤トレー管理

2017年11月01日 09:39 by kitcheck

米国においては多くの医療機関が院内で使用できる医薬品を選択して使用薬剤リストをマスターとして使っている。これを、「フォーミュラリー」と呼んでいます。

医師はフォーミュラリー内の医薬品で治療を行ないますので、実質的な薬剤選択の基準として位置づけられるため、製薬メーカにとってはフォーミュラリーに採用されるかが薬剤の販売に大きく影響します。

フォーミュラリーの目的は統計による薬剤選択によって効率的な治療を行い、治療にかかる薬剤費を削減することです。 フォーミュラリーを作る際には、文献、臨床データ、ガイドライン、薬剤費、などに加え薬剤消費の統計的データの参照が重要ですが、現在その情報を得るシステムがありません。

キットチェックの薬剤管理システムはトレー管理で現場の効率化と負担の軽減と共に、フォーミュラリー作成の基本データをも提供し、病院経営にも経済的メリットをもたらす事に貢献します。

 

 

関連記事

麻薬の管理とトレーサビリティ

2018年03月号 vol.10

救急カート管理システムの対象病院

2018年02月号 vol.9

救急カートの自動管理システムは薬剤部の大きな負荷軽減に繋がります

2018年01月号 vol.8

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年03月号 vol.10

麻薬などの重要管理薬剤が患者の与薬としての処方が増加しているのは終末期のQ...

2018年02月号 vol.9

救急カートの管理状況を見直すと、薬剤の使用期限、数量などの状態はバラバラで...